しんさんの留学日記
Home
ジョン王の城
アイルランド留学日記(2002年10月)
留学生活の10月分


2002年10月11日(金) 学校10日目
 一日中雨、時々強風。どうもこれがこの辺の普通の天気らしい。授業はOnetoOne。
授業は順調に進むのだが、突然授業の内容が変わるので、一瞬何を言っているのかが分からなくなる。
今日も突然「ラベルの読み方」なる内容に変わったが、何を言い出したのかさっぱり分からなかった。
ポカンとしていると、丁寧に繰り返し発音してくれるのだが、発音が分からない訳ではないので、何回言われても分からん物は分からん。で、「あんたの発音は分かるが何が言いたいのか分からん」
と言うと、やっと言い方を変えて何がしたいのかが判明。頼むから前後の繋がり無しに授業内容を変えるのは止めて欲しい。
アイルランドの警察を信じた私が馬鹿だった。今日も警察へ行ったのだが、案の定一言「月曜」。
あきれて返す言葉もなし。もうこれ以上言うまい。明日は天気が良さそうなので、何処かへ行って
気分転換をしようと思う。

【本日の教訓 : あきれた


2002年10月12日(土)
 晴れ、時々雨の繰り返し。Lemerickへ出かけた、バスで50分ほど。バスターミナルには例の白タクのおじさんが通る人に声を掛けている。今日は捕まらないようにさっさと通り過ぎる事に成功。
切符売場で「Limerick」というと、片道か往復かを聞いてきたので「往復」と答える、E9.0。実に簡単だった。
一応家を出る前ホストマザーに、「往復とは何と言うのか」を聞いていたのだが、こちらが言う前に切符売場のおじさんから聞いてくれた。切符は幅4cm、長さ20cmのロール紙を切った物に区間、金額が印刷して有る簡単な物。バスに乗る時に運転手に渡すと小さな穴を1ヶ開けて返してくれる。
7割程座席が埋まっている位で大して混んではいない。窓の景色を楽しんでいると50分はすぐに過ぎLimerickへ到着。さすがにEnnisとは違って都会。

 バスターミナルからガイドブックの地図を見ながら川沿いに歩き、「ツーリストインフォメーション」に到着。無料の地図を探すも見つからない為、E1.5で地図を購入。小銭で払おうともたもたして、本当に細かいコインで払ったらお姉さんに笑われた。適当に写真を撮りながら街を散策。散策コースの看板が出ているので結構便利、だが途中で道に迷い、1時間程訳の分からない所を歩くハメになった。有料の所はあまり入らない方なのだが、「ジョン王の城」には入ってみた、E6.65。高い。受付のお姉さん、私の顔を見ながら「英語は分かるか」と尋ねるので、「少し」と答えると、城内の回り方を説明してくれたのだが、実に分かりやすい、珍しくほぼ全部聞き取れた。あんたは偉い。Ennisの「ツーリストインフォメーション」のお姉さんとは大違い。
 しかしここは結構良かった。博物館が併設されており、入るとすぐに音声付のスライドで、Limerickの歴史を説明してくれたので、この城を理解する上で多少なりとも役に立った。
人は殆どいなかったが、たまたま一緒になった母娘連れが写真を撮っており、母親の方が展示物の中に入り込み、そこで写真を撮ったので、その娘と一緒に大笑いした、実に愉快な母親だ。
1000年以上前の城の中を見学出来、城の塔からの眺めも実にすばらしい。塔から降りて歩いていると、例の母娘連れがまた写真を撮っていたので、「塔の上のほうが眺めが良いよ」と教えて上げる。その後塔の上から手を振ってくれた。最後に今回初のお土産を購入。
 道に迷った後、少し早いがバスターミナルに戻り、乗り場を確認するが分からない。結構たくさん乗り場が有るのだが、仕方がないので順番に確認する。2週目でようやく発見。時間が早いにもかかわらず大勢待っているので一緒に待つことにする。ここで昼食をとっていない事に気が付き、りんごを一個食する。しばらくすると、違うホームにバスが到着するとのアナウンスがあり、皆そこへ移動、後を着いて行く。出発時間より20分以上早いのだが、ほぼ満席になると、何故かバスは出発。どうも臨時便の様で、定時のバスはさっき迄待っていた所に止まっていた。乗客が多いと柔軟に便数を増やす様だ。ちなみにバスに乗る時は、再び切符に小さな穴を開け、合計2個の穴が開いた切符を返してくれた。道に迷った分余計に歩いたが、良い気分転換になった。良しとしよう。

【本日の教訓 : 1日に3回虹を見た、美しい】


2002年10月13日(日)
 朝うす曇り、後晴れ。風が冷たくなってきた。だが、半袖が多いのは何故?
出掛けるのは週1回と決めていたのだが、余りに暇なのでGalwayへ行った。11時過ぎのバスに乗ったので到着は12時半過ぎ。E13、Limerickよりかなり高い。途中車窓から見る景色は、何処か富良野を連想させる物が有る。Galwayの街は賑やかな所が固まっており、Limerickよりこじんまりした印象を受ける。学生が非常に多い街らしく、若い人を多く見かける。日曜日の為、店の多くは休みだったが、雰囲気は充分味わうことが出来た。川沿いの遊歩道はなかなか感じが良く、私し好みの風景。今度は土曜日にでもショッピングに来ようと思う。

 Galwayのバスターミナルは列車の駅と同じ場所に有るので、プッラットホームの中に入り込んで列車を見ることが出来たのだが、とにかくぼろい。やはりJRは大したものだ。中はこちらの方がはるかに広いのだが。
朝、ATMを使って現金を引き出してみた。恐々使ったのだが、基本的には日本と同じ。一番違う所は引き出す金額が予め幾つか表示されており、それで良ければワンタッチで金額を指定できる点。
勿論任意の金額も指定可能。手数料と為替レートは未確認。
明日からまた、Ennisの警察との戦いが始まる。

【本日の教訓 : やはり出掛けるのは週1回にしよう、疲れる】


2002年10月14日(月) 学校11日目
 朝は霧、後晴天。今朝はかなり寒かった。
いよいよ戦いの再開。学校が始まる直前、9時前に警察に行き「今日はImmigrationは開くか」と尋ねたら、9:50に開くという回答。ついにこの日が来た。一旦学校に戻り授業を受け、9:45再度警察に行く。今まで一度も電気がついていなかった部屋が明るい。他に待っている人もいないのでドアをノックして開けると先客1名。しばし待って中に入る。軽く自己紹介して、学校に通っている事、12月9日迄アイルランドに滞在したいことを告げる。同時に学校の入学許可書、学費の領収書を見せるとしばしチェック。学校が終わったらどうするのか聞かれ、すぐ日本に帰ることを説明。
 その後は、帰国日を再確認され、無事12月25日迄の滞在許可がおりた。結局必要な書類は先の2種類だけ、他には必要なかった。この間約10分、まあ問題なかったと言う所だろう。
学校に戻るとEMMA先生から「おめでとう」の一言。家に戻って、皆に報告し全て完了。

【本日の教訓 : 諦めず、腹を立てず、これがアイルランドかもしれない】


2002年10月15日(火) 学校12日目
 朝は曇り、後時々晴れ、時々雨、風が冷たい。
授業はOnetoOne。「Would you like / I would like」 の使い方を学習。やはり忘れている事、知らなかった事が次々と出て来る。とても覚えきれない。3時間半の授業だが、EMMA先生がOnetoOneでは間が持たないらしく、結構雑談をしてくる。こちらとしては、雑談も結構役に立つので構わないのだが。今日も前から悩んでいた、お店での会話方法をレクチャーして貰った。昼食は晴れたら今も外で食べているのだが、そろそろ限度かも知れない、とても寒い。もちろん、地元民は当然の様にベンチで昼食をとっているのだが。ATMの使い方も分かった事だし、少し贅沢も考えて見よう。
食後は図書館でインターネットを使って日本のニュースをチェック。混んでいて少し待ち時間が有ったのでその間新聞を見ていたら何故か全く読めない。ゲール語の新聞だった。ゲール語の放送局もあり、ゲール語は決して過去の物では無いようだ。夕方、日本の友人に電話を掛け久し振りに日本語をしゃべった。

【本日の教訓 : アイルランドは、やはり北の国だ。今までが暖か過ぎたのかも知れない】


2002年10月16日(水) 学校13日目
 朝は曇り、後晴天。午後は暖かい。
授業はイデットさんと二人。EMMA先生とイディットさんが話し始めると、とても着いて行けない。
授業内容は「much,many,a lot of」、基本的には何の問題も無いのだが、いざ会話になるとスムーズに出ないし、muchとmanyの使い分けが上手く行かない。何故、Breadがmuchなのか。30数年前の事は覚えていないし....。スーパーでMAKIKOさんに会って、ビザの事をもう一度確認したら上手く無いらしい。月曜に学校で聞いたときは、英語でしゃべったのでOKだったと勘違いしていた様で、ビザの延長が出来なかったとの事。Immigrationからいくつか注文がついた様で、私の知っていることも教えてあげたのだが、中々面倒なようだ。何とか解決して、12月までご一緒しま
しょう。

【本日の教訓 : やはり英語は難しい、というより忘れている事が多過ぎる】


2002年10月17日(木) 学校14日目
 朝は晴れ、午後からにわか雨。初霜が降りた。ホストマザーが天気予報を見て、「スコットランドは雪になっている」と言っていた。
今日もイデットさんと二人。「too much,too many,enough」と「比較級」の授業。今日も基本的には問題無いのだが、比較級の変化(er,ier,more)を忘れている。そしてイディットさんの発音はやはり聞き取りにくい、最初の時よりはいくぶんましなのだが。
ブレークの時にMAKIKOさんに聞いたら、Immigrationの注文は何とかなりそうだとの事。おめでとう。
やはり現地での滞在延長は、いろいろ面倒なようだ。早朝、ベッドから落ちた、痛かった....

【本日の教訓 : アイルランドの10月は、雨が多い東京の1月。やはり寒い】


2002年10月18日(金) 学校15日目
 晴天、朝は一面霜、午後は結構暖かい。
授業はイスラム系の奥さんと2人。「have,have got」について。但し、2人とも別メニュー。内容については少し混乱している。haveとhave gotは同じ様に使えるが、イギリスではhave gotを良く使うらしい。Breakの時亭主が来て、嫁にもっと会話の練習をしろ言いながら、私に協力してくれと言うので、仕方ないので少し話をして見たが、やっぱり上手く話しは続かない。もう少し単語を知らないと会話にはならないし、結構Shyなので難しいかも。夜、家が騒がしい、人の出入りが多い。一体何事だろうか? 少し風邪気味なので、今日は早く寝る事にする。明日は完全休養日の予定。

【本日の教訓 : 人に言われたのだが、少し慣れた時に体調を崩すらしい】


2002年10月19日(土)
 午前中晴天、午後うす曇り。今日は完全休養日。
9時頃起きてキッチンへ行くとメモが置いてあり、「トーストと紅茶は自分で準備してね」と書いてある。
大した事無いのでお湯を沸かし紅茶を入れ、トーストを焼く。食事はずっと自分で作って来たので、この方が自然に感じる。食事後もう一寝入りして、昼前に歯磨き粉を買いに街まで出る。やはり土曜日が一番賑わっている。帰って見ると三男と次女がテレビを見ていた。やっと起きたらしい。
遠い国まで来て、こう言う風にのんびりする事は、かなり贅沢な事かも知れない。
夕方、ホストマザーが一日留守の理由が分かった。アイルランドでは今日、国民投票が実施されており、それの受付をしているとの事(ボランティアか仕事かは不明)。朝9時から夜9時までの12時間そこにいるとか、ご苦労様です。昨夜騒がしかったのもこの関係の様だ。

【本日の教訓 : 外国まで来て何もしない事、最高の贅沢】


2002年10月20日(日) 
 朝から一日中雨、それ程寒くはない。
9時前ホストファザーに起こされ朝食。ホストマザーはまだ寝ている模様。昨日は疲れたと思う。
今日も昨日に引き続き完全休養日。一日部屋でゴロゴロしていた。
夕方、日本の友人にTELするが、回線状況が悪い。聞こえ難かったり、途中で切れたり散々。
仕方ないので、20分程してから掛けなおしたら、今度は絶好調。例の格安プリペイドカードを使った回線なのだが、殆ど国内と変わらない品質で話しが出来た。調子に乗って少し長く話し過ぎたかも知れない。10日前に買ったカードなのだが、ほぼ使い切ってしまった。
夜9時半頃、突然ホストファザーがサンドウィッチと紅茶を持ってきた、一体何なのだろうか?

【本日の教訓 : 格安物は上手に使おう、上手く使えれば本当にお得】




Lemerick1
Lemerick1


Lemerick2
Lemerick2


新旧の建物
新旧の建物


ジョン王の城
ジョン王の城


教会
教会




ジョン王の城内部
ジョン王の城内部


ジョン王の城
ジョン王の城


ジョン王の城
ジョン王の城


ジョン王の城
ジョン王の城
ページトップ
Copyright(C) 2002-2011 shinsan All Rights Reserved.