しんさんの留学日記
Home
Lemerick

留学をしよう

留学をしよう
 先日某テレビである人が良い言葉を言っていました。自分でいろいろ考えて留学をしようと思っていた訳ですが、理由を説明する良い言葉が見つからなかったのでその言葉を使います。
 「知らない自分に会えるかも知れない」
正確には少し違ったかも知れませんが言いたい事は同じです。また、かなり古いSF映画の1シーンで「変化は人を成長させる」見たいな言葉が有りました。今の自分の気持ちを表現するとこんな感じ。それ以外の理由はナイショ。
え、語学研修は?、もちろん第一の目的です。当面の目標で有る「日常会話」の習得であれば、日本にたくさんある英語学校でも充分だとと思いますが、2つの目的を達成するために敢えて留学をしようと思っています。


アイルランドに決めた
 「英語の語学留学」 + 「外国での生活体験」を目的に留学先を考えた。まず思いつくのが、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド。それぞれ良いところ、悪いところ有ると思いながらもネットでいろいろ調べて見た中で、アイルランドと言う選択肢が出てきた。

 正直言って今回留学先を調べるまで、アイルランドと言う国はあまり興味が有った訳ではない。ネット、旅行ガイドブックなどで調べて行くうちに、少しずつ興味が出て「結構良いかも知れない」と思うようになった。
 最後まで検討したのはアイルランドとイギリス。もちろん似たような国であり、どちらでも同じように思っていたが(勝手に思っているだけ)、何となく自分にあっていそうな気がして結局アイルランドに決定。と言う事で特に大きな理由が有った訳ではないが、留学費用、生活費も比較的安く、治安も良いらしい、気候も暑からず、寒からずと自分で出した条件に比較的マッチしていた。
私はお酒が飲めないので、断じて生ギネスが飲めるとか、PUBが多いとかは理由になっていません。


アイルランドまでの道のり
アイルランド行きに決定しルートを調べて見ると、なんと不便な国で有る事が判明。直行便はなく、ヨーロッパの何処かの国で乗換えが必要。一般的にはロンドンで乗り換えアイルランドに入るようであるが、選んだ学校が首都のダブリンではなく、田舎の都市で有ったため、さらに条件が悪化。日本からの便で乗り換えで学校最寄のシャノン行きは1日1便しかない。

 成田-ロンドン間は、JAL、ANA、ブリティッシュエアーウェィ、バージンアトランティックなど選択肢も多いが、結局すべて同じ便に乗り継ぐことになってしまう。最終的に決まったスケジュールは、

【成田発13:05-ロンドン着17:15 ロンドン発19:25-シャノン着20:45】 

となった。一見楽そうに見えるがロンドン以降は現地時間なので、8時間時差が有り、シャノン着は日本時間の5時前。かなり疲れそう。空港まで出迎えを頼んで有るので、ホームスティ先へは辿りつくと思うが、ネットで調べた範囲では、出迎えが上手く行かなかった人もいるようでかなり心配。


学校の話し
 私立の英語学校は1週間単位で申し込みが出来、毎週月曜日が入校日と言うのが多い。もちろんこの様な形式でも問題は無いが、性格的に出入りが多い環境はあまり好きでないため、10週コースがある学校を選択した。当然初心者コース。
留学する時悩ましい要素として、直接学校へ申し込むか斡旋業者に頼むかの2つの選択肢がある。
実は1年ほど前、同じように留学を計画し、直接いくつかの学校へ問い合わせを行いパンフレットをもらったことがる。この時は諸般の事情で中止となってしまったが、今回はどうするかかなり悩んだ。

 ネットで調べて見ても意見が分かれており、結局はネットで見つけた「ニチアイ」と言う現地の日系会社にお願いすることになった。ニチアイとメールのやり取りをしながら学校を絞り込んで行き、決まった学校はアイルランド西部の田舎町ENNISに有る、「Clare Language Centre」。 かなり小さな学校らしく自分にはちょうどよさそう。

 小さいながら「政府認可校」の表示が有るので、まあ大丈夫でしょう。 ちなみに、このニチアイのホームページを見て、「アイルランドも良いなあ」と思い始めたのです。

ページトップ
Copyright(C) 2002-2011 shinsan All Rights Reserved.