しんさんの留学日記
Home
近所のスーパーマーケット
アイルランド留学日記(6月)
留学生活6月分


2003年06月12日(木) 学校 46日目
 朝から良い天気。文句なし。
授業は4人のまま。しかし、去年もそうだったが、「フランス人のhを発音しない英語」は実に聞き取り難い。
授業終了後、旅行の航空券を買いに旅行代理店へ行った。
昨夜、インターネット予約しようとしたのだが、最後に「出発地と同じ発行国のクレジットカードしか使えない」と言うメッセージが出て、予約できなっかた。
良く分からない理屈だ。ちなみにBritish Aireways、多分他社は予約可能と思う。
値段はインターネットより若干高めだが、まあ問題なし。お姉さんも親切だったし...

【本日の一言 :列車より飛行機のほうが安いのは何故?】


2003年06月13日(金) 学校 47日目
 今日も天気は良い。気温も20度位はある。これを「夏」と言うらしい。
いよいよ学校も最終日。今になって思うと短く感じた。
結局10週の内、7週がOneToOneの授業だった。勿論グループレッスンの授業料しか払っていないので随分得した気がする。
Breakの時、修了証書をもらい短い挨拶をする事が、この学校の恒例。
授業終了後、先生全員と挨拶をしてお別れ。大変にお世話になりました。この学校の先生は、全般的にレベルが高いと思う。二重に得した気分。

【本日の一言 :とにかくお世話になりました。特にトラベルイングリッシュは本当に実践的】


2003年06月14日(土)
 「夏」は継続中、文句なし。
午前中、ホストマザーと買い物に出たついでに、「お礼」のワインを購入。2本で19ユーロ。
午後から荷物のまとめを開始。やはりこれから1ヶ月の旅行に出るため、思った程荷物が減らない。
持ってきたスーツケースは、旅行に使わない物と一緒に、「日通」で先に送り返す。少し高いが実に便利。
夜、予約していなかった、「Oslo-Bergen」の列車をインターネットで予約して見る。
その場で座席予約が出来、チケットレスでも乗車出来る。乗車後、車掌に予約番号を言うと、その場で乗車券を発行してくれるらしい。
でも不安、別に「ノルウェー国鉄」を信用していない訳ではないが、何となく不安。
まあ、なるようになるだろう。

【本日の一言 :Copenhagen-Osloは、「国際線」のため予約出来ず。少し不便】


2003年06月15日(日)
 「夏」は継続中。
朝から荷造りを再開、やはり荷物が多い。パソコンは「日通」で送れないので余計荷物が増える。
ホストマザーは、お昼から庭で宴会開始。昨日プレゼントしたワインも、あっという間に消えて無くなった。
最後の買い物で、「歯ブラシ」と「洗濯用洗剤」を購入。
午後3時、荷物は大方片付いた。庭では宴会継続中。
一番悩んだのが、「予備のお金」、「トラベラーズチェック」、「航空券」の保管方法。
結局ウェストポーチと体に巻きつけるベルト状の袋に、分散して保管する事にした。皆はどうしているのだろうか?

今日で、「留学日記」は終了となります。以降は「旅日記」の方で継続します。
長々と読んで頂いた方(何人いるのだろうか?)、大変有難うございました。

【本日の一言 :10週間と少しお世話になりました】













ページトップ
Copyright(C) 2002-2011 shinsan All Rights Reserved.